作家 水村  美苗 氏(熊本日日新聞 '09/3/5)
東京とテキサスを舞台に、大手損害保険会社と米国法人の子会社を対照的に描き、壮大なスケールとスリリングなプロットで一気に読ませる力量に感服した。
リアリティを損なわずに殺人事件を絡ませ、経済小説に新風を吹き込んだ構成力も見事だ。
処女作「ボゴタの罠」
Money Laundering Business
 
第三作「マネーロンダリング・ビジネス」

Takashi Shima